第8章 レーベルで継続収入を上げる方法とは? - あなたとコラボする茨城のテクノ系インディーズレーベル

第8章 レーベルで継続収入を上げる方法とは?

第8章 レーベルで継続収入を上げる方法とは?

CD販売で収益を上げる。

楽曲の課金配信で収益を上げる。



これは音楽ビジネスを営むものにとっては、

すごく当たり前の考え方です。


いま大手と言われるレコード会社が、

軒並み音楽で収益を上げることに苦戦しています。


YouTubeやニコ動などの無料視聴サイトの定着や、

それにともなうリスナーの音楽と接するスタイルの変化などが、

その背景にあることは言うまでもありません。


いくら違法配信を撲滅しようとしても、

削除するよりアップロード数の方が上回り、

いつまでも追いかけても追いつくことはないでしょう。


だったらYouTubeをなくせばいいんじゃね?ってなりますが、

巨大になりすぎたYouTubeをもう抑えることはできないでしょうし、

利権者にとっても最大の宣伝媒体であるYouTubeです。

下手するとなくなると一番困るのが利権者なのかもしれません。


テレビ局も今では、

「YouTubeで何アクセスあった」とか、

「YouTubeから口コミで広がった」とか、

YouTubeを用いた宣伝方法を

使っているのはあなたももちろんご存知だと思います。


さてアマチュア、インディーズの世界に目を向けてみると、

いまでもCD販売・課金配信が主流なのは変わっていません。


別にそれが良いわけでも悪いわけでもありませんが、

大事なのは、

あなたにとって一番利益が上がる運営とは何か?

というもう一度考えてみることです。


万が一あなたが楽曲の売り上げで儲かっているのなら、

それを継続して発展させていくべきでしょうし、


配信しても売り上げが上がらないのならば、

違う方法を模索していかなければならないでしょう。


もちろん趣味だけで音楽をやっているのならば、

たまに間違ってでも売り上げが上がればうれしいものです。

ただしそのような方法は継続性がまったくありません



「利益とは理由があって生まれる物質的証拠である(ココ・シャネル)」


たまたまの売り上げとは、

言ってみれば偶然にもたらせられるものです。


いい曲を作り上げたからと言って、

冒頭で話したとおり、

いまは音楽が売れない時代です。

単発的に少し売り上げが上がる程度でしょう。


そうではなく継続的に利益を上げ続けるには、

やっぱりココ・シャネルが言ったように、

それを生み出す「理由」が必要になってきます。


これからは偶然の売り上げではなく、

必然的な理由を作っていきましょう。


それには儲けるための”人の動きの流れ”、

ようするに「仕組み」作りが必要なわけですね。


→ 第9章 キーワードで見込み客を引き込む方法

Logomini.png 茨城の新しいインディーズレーベル
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー