第9章 キーワードでお客を引き込む方法 - あなたとコラボする茨城のテクノ系インディーズレーベル

第9章 キーワードでお客を引き込む方法

第9章 キーワードで見込み客を引き込む方法

何かを伝えたい。。。

人の心を動かしたい。。。

ミュージシャンなら誰でもそう思うものです。


そんなことを可能にする重要なスキルこそが、

ライティング術なんです。



ライティング術といっても、

ソングライティングの話ではありません。

文章を書くほうのライティングのお話です。コピーライティングとかもそうですね。



例えおいしいラーメン屋でも

客が来なければそのおいしさを伝えることはできません。


アマチュアミュージシャンのあなたが、

どんなにいい曲を作ったとしても、

たくさんの人に聴いてもらえなければ、

誰もあなたを認めてはくれません。



アマチュアミュージシャンとして活動する以上は、

宣伝活動は自分たちでやらないといけませんよね?

それはたぶんブログかホームページから、

もしくはYouTubeなどにアップすることによって、

行なっていることでしょう。


ただし、

ブログがあるから、ホームページがあるからと言って、

そこから曲を聴いてもらえるのか・・・?

といえば決してそんなことはありません。


YouTubeに曲をアップしているからと言って、

みんなに曲を聴いてもらえるのかといえば、

やっぱりそんなに甘くはありません。

なかなか再生回数は伸びることはありませんよね。


忙しく娯楽の多い現代人は、

なかなか見ず知らずの曲を聴いてはくれません。

なにかしらリスナーにとって、

引っかかるものがないとダメなんですね。


自分に当てはめてみると良くわかります。

YouTubeから曲を聴いていく場合、

たぶん始めはキーワード検索から入っていくと思います。


それは好きなアーティスト名であったり、

好きなジャンルだったりですね。


そこからなにか引っかかるキーワードがあると、

どんどんクリックしていき、

映像をチョコっとずつ見ていきます。


そこから何か見つけると、

ようやく本腰を入れて映像を観はじめるわけです。


そして、

自分にとって利益がないと思えば観るのをやめて次をクリック。

逆に、期待した以上の掘り出し物映像を見つけ興奮する場合もあります。

きっとあなたもそんな見方をしていませんか?



そうなんです。

お客さんはキーワードからやってくるのです。

キーワードの情報を求めてやってくるのです。



あなたは誰に向かって音楽を作っていますか?

どんな人に自分の音楽を聴いてもらいたいと思っていますか?


このターゲットがはっきりしていれば、

そのターゲットに向けた、その人にとって引っかかるキーワードを、

あなたの動画のタイトルやSNSの記事に盛り込んであげてください。


「いやいや、わたしたちの音楽は誰にでも楽しんでもらいたいから」

「ターゲットはみんなです!」

って思った方はいますか???


あなたはジャニーズではありません。

残念だけどAKB48でもありません。

ただの無名なアマチュアミュージシャンなんです。


まずは聴いてくれる可能性のある人に売り込んでいかなければ、

誰も振り向いてはくれません。


前を歩いている3人の男性の誰かを呼び止めたいとき、

「ちょっとすみません!」

って言っても誰も振り向いてはくれません。


「ちょっとお父さんすみません!」ってキーワードを入れることで、

それに見合う人がいれば振り向いてくれる確率はぐんと高まります。


本当に呼び止めたいなら

限定性を持ったキーワードを含ませることが大事なのです。


あなたもぜひ次のことを実践してみてくださいね。

・自分たちの音楽のターゲットを決める
・ターゲットを呼び止められるキーワードを見つける
キーワードをYouTubeやSNSに盛り込む



これだけ実践しただけでも、

より自分たちの音楽の属性に合ったリスナーを、

今より引き込むことはできると思います。


それが見込み客となり、

曲をダウンロードし、

CDを買ってくれるかもしれない大事なお客さまになってくれるはずです。


ミュージシャンにとってSNSは、

強力な武器であり重要な情報発信源です。


ブログにはライティング術に基づいたいろいろな戦略がありますので、

有効だと思う情報をまた配信していきたいと思います。


このようなライティング術に興味がある方に、

一応わたしが教科書にしている本を紹介しておきます。


ライティングサクセスロード〜1000万円以上稼いだライティングの秘密〜





スマホでも読める電子書籍みたいなものです。

値段は1000円なので、もし読んでみたい方はどうぞ。


ペンの力で人を動かすその戦術は、

読んでいて本当に面白いです。

普通にビジネスマンの人にもいろいろなシーンで役に立つと思います。

→ 第10章 お金持ちミュージシャンを目指す方法
Logomini.png 茨城の新しいインディーズレーベル
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー