第11章 もうメジャーはいらない。 - あなたとコラボする茨城のテクノ系インディーズレーベル

第11章 もうメジャーはいらない。

第11章 もうメジャーはいらない。


アマチュアミュージシャンの最大の目標。

メジャーになること。

時代が変われどこの目標は変わらないと思います。



ただし、

「メジャー = 成功者」

ということかと言えば、

決してそんなことはなくなってきました。


ネット全盛によるCD売り上げの不振。

それに伴うレコード会社の規模縮小。

売れるものと売れないものの極端化。


近年のCD売り上げランキングは、

AKB系列とジャニーズで占領され画一化されています。


以前のようにメジャーでは多様化した音楽は求められていません。

効率化した商売としてのコンテンツしか残っていません。


すでに名前が売れているベテランのアーティストやバンドは、

固定客がある限りはいつまでもメジャーでいられます。


これからメジャーになりたいあなたは、

自分の音楽性よりもレコード会社主導の音楽性を求められます。

残酷ですがあなたの代わりはいくらでもいるのです。

会社に反骨的な新人ミュージシャンは生き残れないでしょう。


反骨精神がロックを作りましたが、

ロックは反骨的な人ではできない時代になってしまいました。



CDや課金ダウンロードが爆発的に売れない限りは、

金銭的な成功も手にすることはできません。

メジャーの肩書きにこだわるばかりに、

生活苦に追い込まれるミュージシャンも

多く存在するのが現実です。

※実際に私の周りにもそんな人が何人かいます。


そんな職業メジャーアーティストが、

はたして本当に成功者と言えるでしょうか??


そんな姿は、あなたが夢見た本当に望んでいる姿ではないのでは??


→ 第12章 ネットがミュージシャンにもたらした3つの自由

Logomini.png 茨城の新しいインディーズレーベル
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー