第12章 ネットがミュージシャンにもたらした3つの自由 - あなたとコラボする茨城のテクノ系インディーズレーベル

第12章 ネットがミュージシャンにもたらした3つの自由

第12章 ネットがミュージシャンにもたらした3つの自由


1世紀になり早10年が過ぎ。


言わずと知れたことですが、

アマチュアミュージシャンを取り巻く音楽環境は、

劇的に進化しました。


そしてあなたは今3つの自由を手にすることができています。



@音楽制作の自由

自宅のDAW環境で曲作りはもちろん、

レコーディングからマスタリングまで、

すべての楽曲制作工程を自分でおこなうことができるようになりました。

もう高いスタジオ代を払う必要はありません。


A楽曲配信の自由

ひと昔前ならば楽曲を流通させることは、

選ばれた者だけができることでしたが、

ネットを使うことで、

誰でも楽曲を配信することができるようになりました。

CD販売という形でも、データだけのデジタル配信という形でも、

自分の決めた値段で配信することができます。



B契約に縛られない自由

レコード会社などを通さずに楽曲配信できるというということは、

誰に束縛されることなく自分の作りたい音楽に専念することができるということです。

しかも自主制作ですので、

配信した楽曲の売上金は自分にすべて入ってきます。


ほとんど決定的な自由を手にしている

今のアマチュアミュージシャンにとっては、

メジャーデビューすることだけが本当の成功ではありません。


本当の成功とは、

音楽を職業とし安定した生活を送ること、

すなわち


プロのミュージシャンになることだと思います。


そして

自分で楽曲を制作し、

自分で楽曲を配信し、

自分で売り上げを管理する。


すべて自分でおこなう真のプロミュージシャン


「セルフ・マネージメント・ミュージシャン」


メジャーを目指すことだけがミュージシャンの目標ではありません。

本当に必要なのは音楽を仕事として生活していく自己運営力です。
Logomini.png 茨城の新しいインディーズレーベル
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー