第14章 A楽曲配信の自由 - あなたとコラボする茨城のテクノ系インディーズレーベル

第14章 A楽曲配信の自由

第14章 A楽曲配信の自由


「大手レコードショップでCDを流通させる」

これを実現するためにはメジャーなりインディーズなり、

それなりの規模を持つ会社との契約が必要でした。


そして契約こそがミュージシャン達のの実現でもあったわけです。


現在ではアマチュアでも大手ショップでのCD流通は可能になりましたが、

それでも物販としてのCD販売はリスクが付き物です。



CDを制作するリスク
自主制作でまとまった数のCDを作るには多額のお金が必要。

CDが売れ残るリスク
金をかけて作ったCDが売れ残ってしまう可能性は高いです。
メジャーでもCDが売れないんですから。


ネットやスマートフォン、iPodなどのケータイプレーヤーの普及で、

すでに若い世代では音楽はCDで買うというよりも、

曲をダウンロードして手に入れる人の方が主流になりました。

そしてそれがCDが売れなくなった最大の要因でもあります。


私たちミュージシャンはインターネットを使うことで、

楽曲配信する自由を手に入れることができました。


あなたはどこのレコード会社に属さなくても、

ネットで簡単にデータを販売することができます。

iTunesやamazonなど誰でも気軽に購入できるサイトで、

課金ダウンロード配信すればいいのです。


もっと簡単な方法はYOUTUBEに動画としてアップロードして、

全世界の人を相手に楽曲を聴いてもらうこともできます。


これによりあなたはどこにも属すことなく、

あなたのスタイルにあった音楽配信方法を選択し、


※大きく分けると以下の2つの方法があります

・集客が見込める場合は課金ダウンロード配信

・販売が見込めないならYOUTUBEで無料配信



ネットを介して無限のリスナー達に、

自分の音楽を直接届けることができるようになったのです。



【 宣 伝 】
ミュージシャンならばYOUTUBEにCMを入れて収益を狙いましょう。
『YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】』
Logomini.png 茨城の新しいインディーズレーベル
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー