インディーズレーベルの実態 - あなたとコラボする茨城のテクノ系インディーズレーベル

インディーズレーベルの実態


今月からオープンした当レーベルは、
実績も知名度も今のところまったくありません。

当然、新しい人材の確保こそが、
これからのレーベルの運命を左右すると言っても過言ではないわけです。

ネット上で魅力的なアーティストを探しながら、
スカウト活動を続けている毎日です。



一方、
多少名の知れたインディーズレーベルになると、
歌手になりたいという夢を持った若者が、
自然それなりに集まって来ます。

なんでもそうですが、
人が集まるところにはお金が生まれます。

そうなんですね、
インディーズレーベルって実は儲かるんです。
 ↓↓↓
過去記事
「インディーズってかなり儲かります!」

インディーズの設ける仕組みは、
上の過去記事にも書いたように
CD販売にあるんです。


今日はもう少し詳しく、
そのことについて書いてみたいと思います。


______________________


あるインディーズレーベルが、
アーティストの募集を行ないました。

それはインディーズでCDデビューし、
そのCDを全国販売するという、
ある意味ではプロになりたいという夢が叶うような、
アーティストにとってはとても魅力的な募集でした。

選考は書類選考とテープ審査で決まります。
オーディションに合格すると、
念願のCDデビューが決定します。

アーティストのCD参加料は1アーティストにつき13万円。

結果このCDには18組のアーティストが参加したので、
参加料でレーベルが集めたお金はなんと234万円

す、すごい集金力です。

参加アーティストはレーベルのブログに所属アーティストとして記載され、
各々自分のブログをアメブロに作るように言われます。

参加アーティストが実際レコーディングするのは1曲。
デモテープが送られてきて、
それにアーティスト自身が歌詞を書きます。
後日、某都内のレコーディングスタジオにて、
レコーディング(交通費は自己負担)が行なわれました。

そうしてアーティストたちの夢の結晶、
コンピレーションCDがついに完成。
*このCDは定価3150円で全国販売され、のちにシリーズ化されました。

CD参加アーティストには、
完成したCDが1枚だけ渡されたそうです。

この渡された1枚のCDは、
参加したアーティストにとっては、
きっと13万円以上の価値がある、
とても大切な宝物になったことだと思います。


この記念のCDを、
自分の周りのファンに配ったり手売りしたくなるも当たり前のことです。

その場合、
参加アーティストのCD仕入れ値は、
定価の半額1575円/1枚。
CDを定価で手売り販売すれば1575円が自分の利益になります。

購入ノルマは特にはないそうですが、
仮にCD参加料13万円をCDの利益で取り返すなら、
CDを83枚売れば元が取れます。
もし100枚売ることができれば27500円の儲け。
*その100枚分のCD注文したアーティストにはソロCDを出す権利が与えられました。



CDの売り上げだけでの、
レーベルの売り上げの計算をしてみると。。。


各参加アーティストが最低10枚CDを注文購入
(1575円×10枚×18組= 283,500円)


仮にその中の1組がソロデビューを目指し100枚購入
(1575円×100枚= 157,500円)


アーティストブログやレーベルの宣伝の成果で、
CDが流通ルートで最低100枚売れたとすると
(3150円×100枚= 315,000円)


CDの売り上げだけで合計756,000円



以上レーベルに入る売上の合計金額は。。。

CD参加料 + CD売り上げ =約310万円
これでも最低予想での金額です。

ここから経費を差し引いて、
残ったものがレーベルの儲けとなるわけです。


どうです、すごいでしょ?


ちょっとしたサラリーマンの年収並みの売り上げを
1枚のCDを販売するだけで達成してしまうんです。


CDを一般リスナーに向けるより、
アーティストとその関係者をターゲットにして、
売り上げを確保する。

CDが売れない今の音楽業界の状況だと、
こっちのほうがリスクが少ないやり方です。



誤解されるといけないんですが、
わたしはこのような方法論を、
批判しているわけではありません。

逆に、
時代に合わせたそのしたたかなやり方は、
ビジネスをする人間にとっては、
とても重要なことだと思っています。


アーティストにとっては実績作り。

レーベルにとっては知名度アップと利益確保。

お互いのメリットが合致して、
満足できるのならば最高じゃないですか・・・



もしあなたが、
これからインディーズレーベルに所属したいというのならば、
これらの事実を踏まえてから検討してみることをおすすめします。


ただし、、、

全部が全部、
こういうインディーズレーベルではないことを、
もちろん付け加えさせていただきます。

また参加料もレーベルによってまちまちのようで、
だいたい5〜13万円が相場になってるみたいです。


あくまでも1例ということでのお話でしたが、
内容はすべて実話です。



それからもうひとつ。


当レーベルでは、
今のところは参加アーティストから、
お金をいただくことはしていません。


お金ではなく、やる気だけを必要としていることを、
最後に一応付け加えさせていただきます。



・・・なーんて、レーベルの宣伝入れちゃったふらふら


__________________________________



これからレーベルをはじめたい方へ

レーベル作りに役に立つ情報を

メルマガで配信します。

ぜひ登録お願いします。
↓↓
mailmaga.png


Logomini.png 茨城の新しいインディーズレーベル
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー