あなたとコラボする茨城のテクノ系インディーズレーベル

ミュージシャンはもうからない?


「こだわりだけでは食べられない」

華やかな生活とはうらはらに、
最盛期を過ぎたミュージシャンたちは、
家族を養うために苦労しているようです。


はたしてミュージシャンは儲からないなのか!?

今年、衝撃的なニュースが、
ネットのトップ記事になりました。


あの人気アーティストがカフェバイトに転身!

「こだわりだけでは食べれない」



このアーティストとは、
松岡英明さんという方。

おもに80年代に活躍した方で、
和製ニューロマンティックの旗手として、
曲をヒットさせ、歌番組の司会なんかもやっていました。

わたし的には、
一応名前は知っているぐらいのアーティストなんですが、
名の知れたアーティストが、
生活苦からバイト生活を余儀なくされている現状に、
非常に衝撃を受けてしまいました。


日本では毎年400組ちかいアーティストがメジャーデビューしています。
その中から生き残れるアーティストはほんの一握りだけ。

一般的に
”一発でも当てれば夢の印税生活”
とは言ったものの、

いつまでも印税の入るような、
息の長い曲は狙って作れるものではありませし、
その一発当てるということ自体が、
ものすごい高いハードルなのは
想像に難くありません。

曲を作らない、
ただのバンドメンバーのだった場合だと、
印税による収入はほとんどゼロ。
あとはその人の知名度に頼るしかありません。

これは時間が過ぎることによって、
効力がどんどん低下していきます。

よく人気バンドの再結成の話を聞くと、
「・・・(メンバー名)がお金に困っているから」
「話題作りのため」

と囁かれますが、
ほとんど間違っていないと思います。


TV番組『クイズ☆タレント名鑑』の、
「カラオケ歌われるまで帰れません!」というにコーナーに
TM NETWORKの木根尚登が出演したのをたまたま観ましたが、
なんか痛々しさを感じてしまいました。

「やっぱりお金が苦しいのかな?」
「仕事がないのかな?」

とか大きなおせっかいではありますが、
心配になってしまいます。

しかし、
まだこうやってテレビに呼ばれるアーティストはいい方でしょう。

忘れられてしまった人は、
何年か後に「あの人は今?」的な番組に出ることになります。

そこで印税だけで生活している、
そんなミュージシャンを見たことがありません。
音楽業界の仕事に限らず、
みんな何かしらの仕事をやっているのです。

そうなんです。
印税だけで一生生活していくなんてことは、
確率的にほとんど不可能なんです。

夢が叶ってプロのミュージシャンになれたとしても、
一生の生活が保障されるわけではありません。

逆にそのプライドが邪魔をして、
仕事がなくなった後も、
一般的な仕事をすることもできずに、
どんどん生活が苦しくなるアーティストも多いはずです。


冒頭で紹介した松岡英明さんみたいに、
おおっぴろげにカミングアウトできたのはまれなケースです。

それは、
やはり家族という存在があるからだと思います。


年をとると、
自分ひとりのために生きていけるわけではありません。

自分ひとりの夢のために、
これから未来のある自分の子供たちの生活までをも
犠牲にすることはできません。


夢を追っていくにしても、
それを支えていけるだけの経済力が必要なんです。

たぶんまだ二十歳(はたち)そこそこのプロを目指す方だと、
このあたりはの気持ちは理解できないと思います。
また、そんなことを考える必要もないと思いますし、
がむしゃらに夢に向かって走っていけばいいんです。

でも30代くらいになるとそうは行きません。

きっとミュージシャンになれた方でも、
30代になり家族ができると、
次の人生を考えるようになるんだと思います。


やっぱり、
ミュージシャンは儲からないんですよ。。。


スタジオミュージシャンだって、
基本は単発の仕事なので、
生活を保障してくれるものではありません。


やっぱり地道にコツコツ働いているほうが、
安定した生活を送ることができるのです。

夢がなくってスミマセン。

ただし、、、

音楽を副業にするってことを決断すると、
趣味と実益を兼ねることができるので、
ミュージシャンにとってこんなに素晴らしいことはありません。

わたしがはじめたこのインディーズレーベルもそうです。

大好きな音楽制作に携わり、
副業として普段の仕事とは別のお金を稼ぐことができる。

これは楽しくもあり、
とてもやりがいがあります。



これからプロを目指す人も、
なにか手に職があったほうが余裕を持った活動ができるはずです。

プロになるためにバイトに明け暮れる、
なんて生活では実に本末転倒です。

バイトがメインなのか、
バンドがメインなのか、
わからなくなってしまいます。


経済的余裕と時間的余裕を手に入れることによって、
安心してプロを目指していけるのかな?と思います。
もし夢が叶わなくても手に職があれば、
先の人生も困ることはないでしょう。


そのようなミュージシャンに向いた仕事もいくつかあるので、
また次の機会に紹介したいと思っています。


______________________


これからレーベルをはじめたい方へ

レーベル作りに役に立つ情報を

メルマガで配信します。

ぜひ登録お願いします。
↓↓
mailmaga.png

プロデュースとはどんなお仕事?

音楽だけではなく、
一般的にもよく聞く言葉だと思いますが、
実際にどんなことをやっているのかあなたは知っていますか?

それでは、
今日はプロデュースについてお話してみます。


インディーズレーベルをはじめてから、
いろいろな方に接する機会が増えました。

特に、、、
ありがたいことにレーベルに興味を持ってくれている、
地元のバンドさんや女性ボーカルさん。

本当にありがとうございます。

やる気のあるアーティストを少しでも支援できて、
レーベルとしても知名度が上がっていけたら・・・
そんなWIN-WINの関係を築いていけたらと願っています。


それで実際にお会いしてみて、
大体アーティストさん達に初めに質問されることは、

「レーベルに所属して、どんなことをやるんですか?」

という一番大事なところ。



その答えはというと


「あなたをプロデュースさせてくださ〜い!!」


というわけで、
いよいよ本題です。


冒頭でも問いかけましたが、


プロデュースとは、
実際にどんなことをやっているのか,
あなたは知っていますか?





簡潔に一言で言います!


「完成形をイメージするお仕事」


ということなんです。




2007年にプロデュースした、
RINKOさんという女性アーティストを例に、
プロデュースとは何か?を説明してみます。


はじめに、

彼女が、
どんな曲をやりたいのか。
どんな曲が得意なのか。
どんな曲が合っているのか。
どんな曲を歌わせたいか。

をミーティングを元にイメージします。



次に、
上記のイメージの結果になる曲を作ります。
曲は誰が作ってもOK。
とにかくプロデューサーのイメージに合っていればいいのです。

実際にこのときは、
RINKOさんの低めで力強いボーカルスタイル、
ロックっぽい感じと、彼女の好きな薔薇の花。
そんなイメージでスピード感のあるロックっぽい詞と曲を作りました。



次はレコーディングです。

どういったアレンジにするのか?
誰がどこを演奏するのか?
これを決めるのもプロデューサーの責任です。

RINKOさんの場合は、
彼女自身に時間の制限があったため、
一番レコーディングに時間のかかるアレンジ&演奏は、
すべてプロに委託することにしました。

演奏ができれば、
あとはイメージどおりに歌を歌ってもらい、
レコーディングはすべて終了。
rinko2.jpg


ちなみにメンバーのスケジュールを自力で合わせるのも、
プロデューサーのお仕事の一環です(これはアマチュアならではか?)。



あとは完成品になるまで、
プロデューサーのイメージどおりに作っていきます。

それはデザイン面にまで及びます。
実際の完成品CDと曲はこちらです。
img079.jpg



DEEP RED 〜深紅のバラ〜 /RINKO with hi-speed electrik
(hi-speed music 2009.com/2007)




ひとつの曲を作るとき、ひとつのCDを作るとき
はたして誰のイメージでそれを作り上げるのか?

それはすべてプロデューサーのイメージなんです。
プロデューサーのイメージから外れていているものはNGなんです。

はっきりした完成形のイメージを持って、
それに限りなく近いものを作るor作らせる

これがプロデュースということなのです。


よくテレビで見る、
「〜(芸能人の名前)〜プロデュースによる商品」
ってのを見ますけど、

あれはアドバイザー的な役割の場合が多いです。
はじめに商品アイディアをだして、
途中経過を聞き、最後に確認する。

メーカーも芸能人も相乗効果で、
けっして損しない商品が生まれます。

「プロデュース」という言葉は、
今でも商品価値を高める力があるんです。



SYNCLE MUSICレーベルには、
2人のプロデューサーがいます。

あなたとコラボすることによって、
今まで見えてこなかったあなたの新しい魅力を
引き出すことができるかもしれません。

プロデュースすることによって、
これからのあなたの糧となるような曲を
生み出して行きたいと思っています。

随時アーティストさんの募集を行なっているので、
興味のある方はぜひメール送ってください。

お待ちしております。

足りない能力を補うには?


長年、音楽をやっていると、
だいたいの自分の音楽での力量というものが、
わかってきます。

自分が得意なもの。
自分に足りないもの。


あなたにとって、
得意なもの、
足りないものは何ですか?




まずはわたしが得意としているところ。
それは音楽の完成形をイメージすること。

これは前にプロデュースについて話した過去記事、
 ↓↓↓
「プロデュースとはどんなお仕事?」

この記事とかぶりますが、
どんな曲にするか?
どんなPVを作るか?

そんなことをあれこれイメージして、
それに向かって制作を進めていく、

一連のプロデュースワークが得意、
というか音楽制作で一番大好きな分野なんです。

イメージさえしっかりしていれば、
曲も比較的簡単に作ることができます。



では逆に苦手としているものはというと、

曲のアレンジ。。。

アレンジは音楽制作での最重要部分であり、
アレンジで曲の良し悪しが決まる!
と言ってまぁ間違いないでしょう。

わたしもずっと自分のバンドのアレンジをやってきましたが、
とにかくスピードが遅いんですね。

下手するとアレンジを考えるだけで、
1年くらい経ってしまう場合があったりします。

これでは最新の音楽を配信したくても、
一向に作業は進みません。

自分に足りないものは、
このアレンジのスピード力なんです。


自分の音楽能力に自信のあるあなたでも、
どこか足りないと思う部分が必ずあるはずです。


あなたはどうやってそれを補いますか?


時間かけて解決することももちろんできます。
わたしも頑張れば一年で2曲くらいはアレンジできますし、
その気になればもっとできるかもしれません。

でも時間の制限があるのなら、
手っ取り早く補うには・・・


当たり前のことなんですけど、
わたしは他の人に依頼することにしています。


時は金なりです。

特に社会人になると、
日々の仕事に追われて、
家族と過ごす時間が増えて、
学生の頃のように自分の時間が持てなくなってきます。

ある人に聞いた話なんですが、
お金を稼ぐリッチなビジネスマンほど、
時間に対してお金を使う傾向にあるそうです。

それはどういうことかというと、

歩きで移動するなら惜しげもなくタクシーを使う。
電車移動ならケチらず特急ですばやく移動。
仕事が時短できそうなツール(PCやスマホなども)を
率先して取り入れる、などなど・・・

ランチは質素でも、
時間が短縮できるところにはお金を使う、
これが一流のビジネスマンのお金の使い方なんだそうです。

要するに時間を買っているんですね。


あなたも自分に足らない、
時間がかかってしまうと思う部分は、
思い切って誰かに頼んでみるといいと思います。

歌詞を書くのが苦手なら、
書いてくれる人を募集すればいいし、

曲が作れないシンガーさんならば、
作れる人に頼めばいいし、

歌をレコーディングする手段がなければ、
できる人に頼めばいいんです。

すべて自分でこなす必要はありません。


多少お金がかかる場合もありますが、
プロを目指す人はなおさら、
時間をおろそかにすることはできません。

歳を取れば取るほど、
プロになれる可能性は消えていきますから。


自分に足りないものは、
お金を出してでも補うことを
ぜひ考えてみるようにしてください。


きっとあなたの音楽活動が、
よりスピーディーに展開されることでしょう。