あなたとコラボする茨城のテクノ系インディーズレーベル

インディーズレーベルの実態


今月からオープンした当レーベルは、
実績も知名度も今のところまったくありません。

当然、新しい人材の確保こそが、
これからのレーベルの運命を左右すると言っても過言ではないわけです。

ネット上で魅力的なアーティストを探しながら、
スカウト活動を続けている毎日です。



一方、
多少名の知れたインディーズレーベルになると、
歌手になりたいという夢を持った若者が、
自然それなりに集まって来ます。

なんでもそうですが、
人が集まるところにはお金が生まれます。

そうなんですね、
インディーズレーベルって実は儲かるんです。
 ↓↓↓
過去記事
「インディーズってかなり儲かります!」

インディーズの設ける仕組みは、
上の過去記事にも書いたように
CD販売にあるんです。


今日はもう少し詳しく、
そのことについて書いてみたいと思います。


______________________


あるインディーズレーベルが、
アーティストの募集を行ないました。

それはインディーズでCDデビューし、
そのCDを全国販売するという、
ある意味ではプロになりたいという夢が叶うような、
アーティストにとってはとても魅力的な募集でした。

選考は書類選考とテープ審査で決まります。
オーディションに合格すると、
念願のCDデビューが決定します。

アーティストのCD参加料は1アーティストにつき13万円。

結果このCDには18組のアーティストが参加したので、
参加料でレーベルが集めたお金はなんと234万円

す、すごい集金力です。

参加アーティストはレーベルのブログに所属アーティストとして記載され、
各々自分のブログをアメブロに作るように言われます。

参加アーティストが実際レコーディングするのは1曲。
デモテープが送られてきて、
それにアーティスト自身が歌詞を書きます。
後日、某都内のレコーディングスタジオにて、
レコーディング(交通費は自己負担)が行なわれました。

そうしてアーティストたちの夢の結晶、
コンピレーションCDがついに完成。
*このCDは定価3150円で全国販売され、のちにシリーズ化されました。

CD参加アーティストには、
完成したCDが1枚だけ渡されたそうです。

この渡された1枚のCDは、
参加したアーティストにとっては、
きっと13万円以上の価値がある、
とても大切な宝物になったことだと思います。


この記念のCDを、
自分の周りのファンに配ったり手売りしたくなるも当たり前のことです。

その場合、
参加アーティストのCD仕入れ値は、
定価の半額1575円/1枚。
CDを定価で手売り販売すれば1575円が自分の利益になります。

購入ノルマは特にはないそうですが、
仮にCD参加料13万円をCDの利益で取り返すなら、
CDを83枚売れば元が取れます。
もし100枚売ることができれば27500円の儲け。
*その100枚分のCD注文したアーティストにはソロCDを出す権利が与えられました。



CDの売り上げだけでの、
レーベルの売り上げの計算をしてみると。。。


各参加アーティストが最低10枚CDを注文購入
(1575円×10枚×18組= 283,500円)


仮にその中の1組がソロデビューを目指し100枚購入
(1575円×100枚= 157,500円)


アーティストブログやレーベルの宣伝の成果で、
CDが流通ルートで最低100枚売れたとすると
(3150円×100枚= 315,000円)


CDの売り上げだけで合計756,000円



以上レーベルに入る売上の合計金額は。。。

CD参加料 + CD売り上げ =約310万円
これでも最低予想での金額です。

ここから経費を差し引いて、
残ったものがレーベルの儲けとなるわけです。


どうです、すごいでしょ?


ちょっとしたサラリーマンの年収並みの売り上げを
1枚のCDを販売するだけで達成してしまうんです。


CDを一般リスナーに向けるより、
アーティストとその関係者をターゲットにして、
売り上げを確保する。

CDが売れない今の音楽業界の状況だと、
こっちのほうがリスクが少ないやり方です。



誤解されるといけないんですが、
わたしはこのような方法論を、
批判しているわけではありません。

逆に、
時代に合わせたそのしたたかなやり方は、
ビジネスをする人間にとっては、
とても重要なことだと思っています。


アーティストにとっては実績作り。

レーベルにとっては知名度アップと利益確保。

お互いのメリットが合致して、
満足できるのならば最高じゃないですか・・・



もしあなたが、
これからインディーズレーベルに所属したいというのならば、
これらの事実を踏まえてから検討してみることをおすすめします。


ただし、、、

全部が全部、
こういうインディーズレーベルではないことを、
もちろん付け加えさせていただきます。

また参加料もレーベルによってまちまちのようで、
だいたい5〜13万円が相場になってるみたいです。


あくまでも1例ということでのお話でしたが、
内容はすべて実話です。



それからもうひとつ。


当レーベルでは、
今のところは参加アーティストから、
お金をいただくことはしていません。


お金ではなく、やる気だけを必要としていることを、
最後に一応付け加えさせていただきます。



・・・なーんて、レーベルの宣伝入れちゃったふらふら


__________________________________



これからレーベルをはじめたい方へ

レーベル作りに役に立つ情報を

メルマガで配信します。

ぜひ登録お願いします。
↓↓
mailmaga.png


第19章 ミュージシャンは自由人

第19章 ミュージシャンは自由人


ミュージシャンって自由人が多いです。


もともとミュージシャンになりたい理由として、

会社や社会に縛られたくないという気持ちがあったりします。


そういうもそうでした。


ティーンのころからプロミュージシャンになることを目標として、

また自分は絶対プロになれると信じていましたので、

学校を卒業後も就職することはありませんでした。


なんか就職することによって、

将来が決まってしまうような気がしていました。


それは朝起きて決まった時間に会社に行き、

決まった時間に帰宅するという、

ありきたりで平凡な毎日。


ある歳になれば結婚して子供ができて、

それからは家族のために働きバチのように死ぬまで働く。


そんなつまらない人生(って当時は思っていました)は、

絶対だ!!


たとえビンボーでもミュージシャンとして、

脚光を浴びて生活を送るべきだ!!と本気で考えていました。


今の若いミュージシャン達も、

きっとこれと同じような気持ちを今持っているんじゃないかな??


「自分は選ばれた人間で絶対に平凡に終わる人生ではない!」って。


しかし残念ながら、

その考えは歳とともにだんだん変わっていきます。


若者はいつのまにか30代になり、

自分の新しい家族ができるでしょう。


たとえ独身でも自分の生活のためには、

会社の中の一人としてその歯車となっていきます。


そしてこの年齢になってくるとビンボーは悪だと感じてきて、

それを脱出するためにも一生懸命働くようになります。


いつしか自分が絶対嫌だと思っていた、

ありきたりで平凡な毎日に飲み込まれてしまうのです。


でもミュージシャンは自由人が多いです。

これで終わらないのがミュージシャンです。


私も自由な発想をもとに、

広告収入型インディーズレーベルを立ち上げました。



「自由に生きていくこと」



創作をする上でも

ミュージシャンにとっては、

絶対に忘れてはいけない精神ですし、


その気持ちがなくならければ、

まだまだ一花咲かせるチャンスはいくらでもあるのです。




第18章 オリジナル曲で収益を上げる方法B

第18章 オリジナル曲で収益を上げる方法B


ミュージシャンのあなたなら、

自分のオリジナル曲でお金を稼ぎたい!と

当然考えていると思います。


CDが売れない今においては、

オリジナル曲をできるだけ多くの人に聴いてもらえるように、

まずはYouTubeで無料公開することを考えてみてください。


過去記事

「オリジナル曲で収益を上げる方法@」

「オリジナル曲で収益を上げる方法A」




CD販売という

リスナーにとって高いハードルを作ることで、

せっかく作った曲を聴いてもらう機会が減ってしまうのなら、


まずはYouTubeで無料で聴いてもらい、

あなたを知ってもらうことが大切だと思います。




まずはプロモーションの一環と割り切って

YouTubeであなたの曲をどんどん聴いてもらいましょう。


ただし、YouTubeにCMを導入することで、

広告収入が入るようにすることはもう必須ですね。


まだの方はこちらを参照

 ↓↓↓
『YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】』




そしてそこから楽曲販売へと誘導することができれば、

それは立派な見込み客として、

あなたの楽曲の購入率は高まることでしょう。



楽曲販売はMP3等のデータ販売とし、

無料の販売サイトに委託すれば、

販売することにお金はかかりませんので、

販売リスクはです。


ちなみにこちらが当レーベルの販売サイトです。

DL-MARKETというサイトを使っています。



SYNCLE MUSICレーベルの販売サイト

  ↓ ↓ ↓
『Visula SYNCLE(ヴィジュアル・シンクル)』




こちらのサイトは売れたときにだけ手数料が発生します。

売り上げから手数料を引いた金額が支払われるシステムです。

なので販売している分にはお金はまったくかかりませんので、

どんどん楽曲を販売しちゃいましょう。


まぁ売れればラッキーくらいに思えばいいです。



オリジナル曲で収益を上げる方法をまとめてみると、


@YouTubeで無料で曲を聴いてもらい広告収入を得る

A気に入ってくれた人に対し曲をデジタル販売する

B希望者に対し、また需要が見込めればCD販売をおこなう


あなたもこれらの手順で楽曲配信をおこなえば、

販売するリスクはまったくありません。

このようにしてあなたも、

オリジナル曲から収益を上げることを検討してみてください。


  ↓ ↓ ↓
『YouTubeで収益を得る方法【スマイルムービー】』